Loading

車の豆知識ブログ

車屋とディーラーの料金比較

車屋とディーラーの料金比較②町の整備工場の方が安い!

今回は「車屋とディーラーの料金比較」という豆知識をお伝えします。

車用品専門店での修理は、ホームページなどで金額説明がされている場合もありますが、ディーラーや整備工場はあまり詳細がわかりませんよね。一般的には「ディーラーへの依頼は高くつく」と言われていますが、これは本当なのでしょうか。以下では、ディーラーへ依頼するときの金額や整備工場との違いについて紹介していきたいと思います。今回は第二回です。

パーツ交換よりも修理に特化しているイメージ

整備工場は、パーツ交換による修復よりも故障部位の修理に特化していると考えると良いかもしれません。例えば、ディーラーではパーツ交換による修理を進められた場合でも街の整備工場ではパーツなの不具合を発見して、ポイントで修理してくれることもあります。

ディーラーは車を売るのが仕事、整備工場側は直すのが仕事ですので、ここは業者ごとの特徴だといえるかも知れませんね。

施設や技術者次第な部分もある

そんな街の整備工場ですが、実際どこまでの修理に対応してくれるかは技術者の力量と設備によって変わってきます。数多くの整備工場がありますので、中には技術力に問題がある方もいるでしょう。(これはディーラー、車専門店にも同様のことが言えますよね)

また、技術力が高くても施設面の問題で修理をできないということもあります。車が特殊な構造をしている、専用の器具がないと修理できないと言った場合には諦めるしかないでしょう。

ディーラーと整備工場どちらがおすすめ?

上記では、各修理店ごとの特徴などを紹介してきました。結局どこに修理依頼をするのが最もオトクなのでしょうか。以下では、いくつかのパターンに分けて考えてみましょう。

費用を安くしたいのであれば

修理費用を安くしたいということだけを考えるのであれば、車用品専門店や整備工場に依頼するのが圧倒的にお得です。ディーラーへの修理依頼は手数料、純正パーツ費用などでどうしても高額になってしまいがちです。値段だけで考えるのであれば、確実に整備工場等のほうがお得でしょう。

技術力で考えるなら

その車に対する技術や知識の量で言えば、ディーラーが圧倒的に上となるでしょう。自分の取り扱っている車の修理ですから、多種多様な車を取り扱っている店舗よりも安心して修理を任せることができますよね。費用よりも安心感やサービス面を求めるのであれば、ディーラーへの修理依頼をオススメします。

短期間での乗り換えを考えているのであれば

もしも、今乗っている車を短期間で乗り換える場合、ディーラーへの修理依頼のほうがお得だといえるかもしれません。料金面では街の整備工場にはかないませんが、売却時・購入時と長い目で考えてみてください。メーカー専門の修理技師が修理やメンテナンスを行っている車のほうが、高く売れますよね。また、同じディーラーから車を購入する場合、長期間の付き合いがあると様々なサービスをしてくれることが考えられます。点検料金が安くなる、オイル交換などの簡単なものならタダで作業してくれる、車内部の設備をアップグレードしてくれるなど、ディーラーの裁量次第で様々なサービスが考えられます。

長期間同じ車を乗り続けるのであれば

逆に、長期間同じクルマを乗り続けるのであれば整備工場へ修理依頼を行ったほうが良いかもしれませんね。ディーラー側も、車を販売するのが本職ですので購入の意志がない方への対応は幾分雑になってしまうかもしれません。(もちろん、普通はそんなこと考えられませんが…)料金が安い上に、技術力で安心できるのであればディーラーよりも整備工場を選ぶでしょう。

長期間乗るとなれば、パーツ交換よりも内部のメンテナンスが大切になってきます。整備工場の特徴としては、上記で述べたように交換よりも修復です。長く乗る上でのメンテナンスなども含めて、街の整備工場に馴染みを作っておくと良いかもしれませんね。

修理がよくわからない、面倒だという方は

車にさほど興味がなく修理に関してこだわりがない方や、とにかく面倒なことが嫌な方は、ディーラーへの依頼をオススメします。一度依頼してしまえば、お金を払うことで全て引き受けてくれるのがディーラーの特徴です。自損事故・巻き込まれ問わず、保険会社とのやり取りも丁寧に対応してくれるでしょう。日中仕事に出ている忙しい方などにもおすすめですね。

車の豆知識ブログ一覧

PAGE TOP